外壁塗装いろいろ

ウレタン系塗料の場合

ウレタン系塗料の場合

ウレタン系塗料の場合 外壁塗装に使用される塗料は、塗料の主成分によってアクリル系、ウレタン系、シリコン系などに分類されます。
塗料の種類によって耐久性や価格、仕上がりが異なります。
ウレタン系とはウレタン系樹脂を主成分とする塗料全般のことです。
ウレタン塗料は柔らかく密着性が高いので様々な場所に塗ることができるという特徴を持っています。
下地との組み合わせ次第では、外壁塗装以外に雨樋など細部への塗装も可能です。
また、ツヤがある塗膜なので高級感のある仕上がりになるのも特徴です。
耐用年数は8~10年程度でアクリル系よりは長く、シリコン系より短い耐用年数です。
価格はアクリル系より高いですが、シリコン系より安いです。
現在、外壁塗装に使われる塗料としてはシリコン系が主流ですが、予算の都合状シリコン系が使えない場合などにウレタン塗料が利用されます。
またシリコン系はひび割れしやすいので、木部や雨樋などの細部塗装に関してはウレタン塗料に分があります。

シリコン系塗料の場合

シリコン系塗料の場合 外壁塗装に使用される塗料の中で、現在主流となっているのがシリコン系です。
シリコン系とは塗装の主成分がシリコン樹脂の塗料全般のことです。
シリコン塗料の特徴として価格と耐久性のバランスの良さが挙げられます。
シリコン塗料の耐用年数は15年弱です。
シリコン塗料より耐用年数の長いフッ素系塗料は、価格が高いのでコストパフォーマンスではシリコン塗料に劣ります。
また、アクリル系・ウレタン系はシリコン塗料より安いですが、耐用年数は短いです。
そのため長期的に見るとシリコン系の方がコストを抑えられます。
シリコン塗料には汚れに強く、耐候性が高いという特徴があります。
汚れが付きにくいだけでなく、付いた汚れが落としやすいのが魅力です。
また、紫外線や風雨から劣化を起こしにくい高い耐候性を持ちます。
そのため外壁塗装の劣化・色あせが起こりにくく、光沢が長持ちするので外観を維持できます。
ただし、粘土が低く密着性も低いので、他の塗料に比べひび割れしやすいです。