外壁塗装いろいろ

足場を作らない外壁塗装

外壁塗装の種類と特徴

外壁塗装の種類と特徴 外壁塗装をするときの特徴はどのようなものがあるでしょうか。
外壁塗装する場合ふつうは、その住宅の種類によって分けなければいけません。
例えばその住宅は海の近くにあれば樹脂系の塗料を使う必要があります。
なぜ海が近いと樹脂系の塗料を使わなければならないのでしょうか。
その答えは、潮風にあります。
海から1キロ程度しか離れていない場所であれば、潮風が吹きつけて住宅の壁が劣化してしまうのです。
通常の家とは少し違い、劣化が早まりますので樹脂系の塗料を使う必要があるのです。
樹脂系の塗料は表面が感情にコーティングされているため、そう簡単に劣化することはありません。
もう一つは、外壁塗装をどのように長持ちさせるかという点がポイントになります。
できるだけ長持ちさせたければ、高機能塗料を使うべきです。
高機能塗料の特徴は、耐用年数が長いことです。
一般的な塗料であれば11年から13年程度で劣化が始まりますが、高機能塗料の場合は20年ぐらいは長持ちするのです。

外壁塗装を行うべき理由とは

外壁塗装を行うべき理由とは 外壁塗装は、住宅の工事の中でも特に重要な工事です。
外壁は常に雨風や紫外線など晒されており、何もしなければ外壁にひび割れが出来て、そこから雨水が染み込んでしまいます。
そうなると雨漏りが発生したり、住宅の基礎などを侵食して床が腐ったり、基礎が崩れて住宅が傾いたりと大きな問題に発展してしまいます。
つまり、外壁塗装を行う一番の理由は、そうした事態を防ぎ、住宅を長持ちさせる事にあります。
外壁塗装は一般的に10年を目安に行うものですが、使用されている塗料によっては数年前後する場合もあります。
ただ、工事には高額な費用が必要となり、特に塗料以外に足場や養生、飛散防止用のネット、高圧洗浄など塗料を塗るための準備に係る費用は、塗装の良し悪しに影響するため簡単に削減する事ができません。
その為、屋根の塗装を含めて工事してもらい、足場や養生代を節約したり、定期的な点検や長期に亘って資金の準備をするなどの対策をしておく必要があります。