外壁塗装いろいろ

塗料の種類と選び方

外壁塗装の塗料の種類と選び方

塗料の種類と選び方 外壁塗装の一般的な塗料は大きく4つの種類に分けることができます。それぞれに特徴があるので、それに応じて選ぶことができます。
・アクリル系
透明で強度が高いことと軽量であることが特徴です。低価格のため手が出しやすいです。ただ耐久年数が短いので、短いサイクルで定期的に塗り替えることが必要になります。
・ウレタン系
価格もそれほど高くなく、機能性も兼ね備えています。アクリル塗料よりも防水性、耐久性ともに優れています。また、塗膜が柔らかいのであらゆる素地に使われます。
・シリコン系
アクリルやシリコンと比較すると、全体的に1・5倍長持ちします。長期的な視点で考えると一番コストを削減できるので、住宅の塗装に使われることが多いです。
・フッ素系
寿命が長く、どのような気候の下でも使えます。しかし、機能面が群を抜いて優れているため、非常に高価です。
もしも外壁塗装で迷ったら、機能面と価格面でバランスの取れているシリコン系を選ぶとよいです。

外壁塗装の中で1番人気がある塗料の種類は?

外壁塗装の中で1番人気がある塗料の種類は? 外壁塗装する場合には、塗料がとても重要になります。塗装は基本的に、業者に任せてもいいですが、業者が選んだものが必ずしも良いとは限りません。
そこで1番良い塗料を選んでもらう必要があります。ただし、業者によってどの塗料を利用するか聞いてみても、その業者の好みの塗料を利用することになる可能性があります。そこで、外壁塗装する前に、どのような塗料が1番人気なのかを事前に把握しておきましょう。
人気の塗料は、利用者が多い塗料になります。単純に業者が多い塗料で言えば、シリコン塗料です。シリコン塗料の利用者が多い理由は、まず扱っている業者が多いからです。外壁塗装の素人のお客さんにどの塗料を勧めるかと言えば、自分たちが扱いやすいシリコン塗料を勧めるでしょう。
また、料金が手頃でもあります。今までは、ウレタン塗料が人気でしたが、シリコン塗料はウレタン塗料より耐用年数が高い上に、値段はそこまで大きく変わらないため、多くの人が利用しています。