外壁塗装いろいろ

足場を作らない外壁塗装

外壁塗装の施工の流れ

外壁塗装の施工の流れ 外壁塗装は文字通り外壁の塗り替えになりますが、塗り替えを行う時には作業を安全な状態で進めて行くための足場の組立が必要になります。
さらに、塗装を行う表面は綺麗にしておかなければ塗料を重ね塗りした時、塗料の膜でもある塗膜が表面にしっかりと定着しなくなり、外壁塗装を行う意味が薄れてしまう事からも、高圧洗浄を行う必要があります。
高圧洗浄は水圧を利用して、外壁表面に付着している汚れや苔などをきれいに取り除くもので、周辺の住宅などに水しぶきが飛び散るのを防止する目的で足場を組み立てた後に、養生を設置します。
高圧洗浄を行う事で外壁表面がきれいになりますが、ひび割れている部分やコーキングが剥がれている部分などを補修する事も外壁塗装リフォームでは重要なもので、外壁の下地調整が施工の中でも重要な部分になります。
尚、下地調整が完了した後は、下塗り剤を使って下塗りを行い、中塗りを1回、上塗りを1~2度行うなど重ね塗りを行うのが、外壁塗装の施工の流れです。

外壁塗装をしようと思ったらまず見積もりから!

外壁塗装をしようと思ったらまず見積もりから! 外壁にひび割れが出来てきたり、色あせが酷くなってきたら外壁塗装リフォームの時期です。
外壁がひび割れるとそこから水が浸入し雨漏りの原因になるだけでなく、外壁の内側の木部分を腐食させる原因にもなります。
また防水性が失われた外壁を放置しておくと壁が水分を含むようになり、室内の湿気やカビの原因になるだけでなく、湿気を長期間含むようになるとやはり木部分を腐食させてしまいます。
防水性が無くなっているのが分かりにくい場合には、外壁を触ってみて白い粉の様な物が手に付くとチョーキング現象という状態になっていて、防水性が無くなっている証拠です。
それでもわからない場合には業者に相談するのが一番です。
外壁塗装リフォーム工事を行う場合にどの業者が費用が安いとか、工事内容など一社ではどのように各社の違いがあるのか分かりません。
それがわかりやすくなるのは見積もりをしてもらう事が一番で、気になっている業者に見積を依頼する事で工事内容や期間など事細かく説明してもらえます。
自分が一番安心して依頼できそうな業者に依頼する事が一番理想です。